災害支援寄付を直接目的の自治体に寄付できると人気のふるさと納税の案内です。

ふるさと納税で返礼品を貰うのも産業を応援する意味では良いのだが、
災害時などの応援には金銭だけで応援したくもなる。

災害復興の寄付の受け付けは、金融機関とかボランタリーの組織でも行われているが、
簡単にできる対象自治体への返礼品なしの寄付を考えてはどうだろうか。

ふところを直接傷めずとも、自治体への寄付をしたことには代わりない。

ふるさと納税での災害支援寄付の問題点は、どの自治体がどこで受付を行っているか。
自治体ごとなので、ふるさと納税での対応もまちまちだ。

緊急支援募金なので、いつからいつまでも気になる点だ。

さとふる ふるさと納税で災害支援寄付

ふるさと納税サイト「さとふる」では
平成30年北海道胆振東部地震の災害緊急支援募金のふるさと納税の受付も始まっている。
北海道安平町に続いて、厚真町でも受付を開始しました。


平成30年北海道胆振東部地震 災害緊急支援募金 | ふるさと納税サイト「さとふる」
 

平成30年7月豪雨の災害緊急支援募金を ふるさと納税で受付を行っている自治体は、
岐阜県関市
京都府福知山市
京都府宮津市
京都府亀岡市
岡山県津山市
岡山県新見市
岡山県西粟倉村
愛媛県今治市
愛媛県西予市
愛媛県鬼北町
高知県
福岡県筑前町
福岡県赤村


平成30年7月豪雨 災害緊急支援募金 | ふるさと納税サイト「さとふる」
 

楽天ふるさと納税で災害支援寄付

応援寄附金は、1000円から受け付けている自治体が多い。。
楽天スーパーセールでの買い回り1回にもカウントされる。
寄付をすると豊かな気持ちがする。
楽天スーパーセールの買い回り定番として活用してみてはいかがだろうか。

平成30年北海道胆振東部地震災害支援緊急寄附受付は、

平成30年7月西日本豪雨災害支援緊急寄附受付は、

受付を開始、終了している自治体も有ります、最新情報は、
西日本豪雨 寄付受付のお知らせ で