前評判の高い「8月の家族たち」が公開となった。

ほのぼの系ラブコメディなら誘われても嬉しいのだが、神経質な映画はどうも苦手。
でもプラダを着た悪魔のメリルストリープと、ラブコメのでジュリア・ロバーツなら、観に行かないわけには。

無神経な私には、女性中心の心理の葛藤はよくわからないと言うのが観ての本音。
そして役の上とは言え、みんな年を採ってしまっていた。

と言う事は、私ももしかして、年寄りになっているのかもしれない。
年は取らないに越したことは無いのだが、団塊の世代の二十年後の惨状が目に浮かぶ。

映画の場面と見比べてちゃちゃを入れている自分がいた。

薬漬けにはなりたくないな、まあ普段から心がけているから大丈夫か。
病院にはできるだけ行かない。薬は毒と割り切って必要が無くなれば直ぐ捨てる。
もったいないと、手元においておくと、使用する機会を増やしてしまう。

大きな家といろいろな家具や本棚にも目が行ってしまう。
家は既に十分小さいが、自給自足のスモールハウスもちょっと気になる。
本棚とビジネス書や人生論などは、定年になったら真っ先に捨てた。

家具や食器、衣類、、すでに家の中には殆ど無い。
背広まで無い。

いつのまにか、5年も10年も前の物になってしまった。
あまり使わないものは、あっという間に年だけを重ねてしまう。
いったん捨てて、ほんとうに必要になったら買えばよい。

大規模修繕工事が始まって、ベランダに物を置いている人の片付けが大変なようだ。
物置きや、植木鉢や、スノコ、、、
何にも無い家というのも珍しいそうだ。

最後は、人はひとり。
関連サイト: 持たない生活を探る~その荷物必要ですか?