今年の春は、花粉に粉塵に悩まされそうです。
前から使っていたエリアの給気口用フィルターもだいぶ汚れてきました。

比較的安価にもかかわらず、でそこそこの効果が発揮されました。
一箇所だけ試しに着けていただけだったが、全部に増設する事に決めました。

給気口用フィルターは給気口の大きさによって3種類あります。

エリア100 と エリア125 と エリア150 ですが、
紛らわしいことに、この番号は給気口のサイズとは異なります。

給気口の形状により丸型、角型が有ります。
丸型はそのままですが、角型は、最後にSがついて、エリア100S、エリア150Sの二種類です。

形状やサイズを間違えると使えないのでちゃんと確認する必要が有ります。

詳細は、説明が詳しい商品ページで
給気口用フィルター  エリア

私のところは、直径13cmの丸型給気口なので、一番小型のエリア100を使っています。
エリア100は直径12.3cmから15cmまでに対応します。

交換用給気口専用フィルターは給気口用フィルター全サイズ、形状で共通です。
取り付け枠に大小は有っても、給気口自体のサイズはさほど違わないと見えます。

PM2.5にも効果が有る一般家庭用の通常フィルターの他、
花粉などのアレルギーを気にする人向けの アレルゲンタンパク無害化フィルター
排気ガス対策を重点とする人向きの NOx吸着/防臭タイプのフィルター が有ります。

私は、アレルゲンタンパク無害化フィルターと通常フィルターを替えて使っています。

フィルター交換の目安は1ヶ月となっていますが、かなり汚れる所での目安でしょう。
私のところは、きれいな環境?なので、数ヶ月に一回です。
PM2.5の影響で交換期間が短くなったのか、交換用のフィルターが品薄になることも有ります。

フィルターの替えが無くなったので、半年着けっぱなしにしたら、
エリアの給気口用フィルター使用後の写真のように真っ黒になりました。

kyuki
給気口取り付け前

aria
エリアの給気口用フィルター取り付け、使用後

フィルターが汚れてくると、真ん中のマークがくっきりとしてきます。
さすがに限界ですね。

ケースを取り付けてフィルターを交換してゆくタイプの給気口用フィルターが使えない所もあります。

給気口用フィルター エリアの方が、見た目スッキリとしているように感じますが、
コーナーとかで、ケースがセットできない所では、フィルターを貼り付けるだけでも効果は有りそうです。
エアコンの吸気口に貼るだけ。

エリアの給気口用フィルターは、アルファー技研工業【旧ブレスト】など

ブレストの旧製品を扱っているものも有りますが、
新規に取り付けるならアルファー技研工業のエリアでしょう。

アマゾンは、商品説明は詳しくは無いのですが、関連商品が多数表示されるので便利です。
ほとんど送料無料なのも、購入しやすい点です。

アルファー技研工業 換気口フィルター 丸型 エリア100

新品価格
¥2,134から
(2016/1/16 07:09時点)

給気口用フィルターだけではものたりないのか、空気清浄機を併用する家庭も多そうです。

楽天ランキング(空気清浄機本体部門)

花粉の季節、PM2.5の季節に売れる本格的空気清浄機は、ダイキン。
アマゾンの口コミでも、ダイキンのブランド名に対する信頼や、PM2.5や花粉対策、加湿、脱臭などの機能が評判です。

花粉対策に 空気清浄機 ダイキン DAIKIN 加湿ストリーマ空気清浄機 TCK70R-W ホワイト PM2.5対応 PM2.5検知

 

関連ページ 花粉の季節だけではない!鼻のどの手入れは超音波温熱吸入器ホットシャワー5で