記事は視点を変えると、どんどん展開させてゆく事ができます。
このなんでもブログは、日記帳だから、何かあった事を忘れない程度に書いています。

最近は少しずつ詳しく書くようには心がけています。
以前は文章が短いものが多かった。
年初に、同じトピックで纏めたり、カテゴリーで整理して項目を少なくしました。

あとで読み直すと、もう使い道がないなという記事もあります。
情報を捕捉してもう少し詳しく説明したほうが良いものもあります。
別の切り口で同じ事を書いても使えるなという記事も見つかりました。

そこで、展開するための受け皿として、幾つかのサイトを用意しました。

例えば、

kuruma-uru

このブログの「老後は重荷を捨てる決断の時」は、過去記事を纏めてタイトルを付けたものです。
元記事の一つの自家用車にさようなら:2010年01月24日 は、
その時の気持ちや事実関係を書いている小さな日記です。

持たない生活を探る~その荷物必要ですか?という一見断捨離もどきをテーマにした子サイトがあります。
日記は、「中古車一括査定サービスを利用する」というサービス体験の1ページに変えて登場です。

初心者体験(愛車アリオン[トヨタ]を中古処分して55万円になった)という子サイト。
関連情報や体験記事などを肉つけして、数ページにしました。

過去のひとつの日記をひとつのミニサイトまで展開してゆく事ができました。