camera

昨今のデジタルカメラの普及で、写真も有り難味が大きく減価しているもののひとつだ。
昭和以前は貴重品だった写真も、今はインターネット上にも多量に蓄積されている。

昔の写真をアルバムやフィルムで保管している人は多い。
思い出のいっぱい詰まった写真は、だれがなんと言おうと本人にとっては大事な宝石。
せめてデジタル化して思い出を共有化して役立てたいと考えてみる。

そこで、アルバムやネガのデジタル化を始めました。
デジタル化されたファイルは何の写真?ファイルの紐付けのルールが必要です。
アルバムは、スキャナーで取り込みますが、ネガの取り込みは?
行き着いた先は、廉価になったフィルムスキャナーでした。


ネガフィルムのスキャン:2011年02月18日

35mmのネガフィルムのスキャンに明け暮れる毎日です。
五十年ぶりに触るネガフィルム ってこんなだったっけ。

6枚ごとに切られた36枚単位で1本。
番号が振られていますので、1から36にして整理しようとしたら、番号以外のマークや、44番の次が1番とループしていたり。
何よりも撮影のスタートが1番からではない。

全部取り出して、順番を考えて、、、
などあまり意味が無いと思い出して、ともかく、この1本の中に有るという事で、順番は無視としました。

上下はどうか?
まちまちです、縦にもするし、逆さまにして撮影する事も有るし。
こうなれば、やぶれかぶれで、上下左右、裏表全て無視として、流れ作業で取り込んでゆく。

どのみち必要なら、後で加工できるし。
文字が逆さまの裏表は、見た目ちょっとみっともないけど、、
我慢しましょう。

フィルムスキャナーは、高速で快適。
というより、仕組みは1枚ごとにスライドさせ、手動でシャッターを押すデジカメだった。


震災は写真の大切さを教えてくれた。
アルバムも泥まみれになったり、無くなったり。
大切な人との急な別れ、一枚の写真で思い出を蘇らせる。
「思い出みつけたあなたの思い出まもり隊」という、ボランティア活動が話題となった。
無料で、被災した写真をデジタル化して修復するのだという。

デジタル化してパソコンに保管しても、DVDにしても、失われる時はある。
それも、コンパクト化すればするほど一瞬で無くなる両刃の剣の性格を持つ。
デジタル化するならクラウド保管という災害対策も考える必要がある。


ひそかにブームか、写真のデジタル化:2011年06月23日

写真のデジタル化に悩んでいる人は、多いらしい。
その問題点は、スキャニングの手間と保存の品質。
手間と管理の両輪が機能しないと惨めな結果になる。
アルバムのデジタル化が思い出との決別となりかねない。

機は熟したと判断してか、アルバムスキャンからクラウド保管までを、ビジネス化するという予定の会社も有るようだ。

そんなこんなの写真のデジタル化、フィルム・アルバムのデジタル保管奮闘の記録を作って見ました。

少し年配で写真好きの方には、ネガフィルムのまま持っているという人も多い。
アルバムとは違った良さが有るのだろう。
ネガフィルムのデジタル化も取り上げています。

35mmだけではなく、60mmのフィルムもスキャンできるというフィルムスキャナーまで現れた。


目に止まった楽天アフィリエイトのSEOキャンペーン
写真のデジタル化の検討と実施の記録を、商品購入のレビューページに作り変え応募しました。
商品記事は陳腐化の嵐を逃れられません。
商品を買えてしまうと、購入商品のレビュー記事では無くなってしまいます。
どのように、役立つ情報として維持するかは、レビュー記事の課題です。


楽天アフィリエイトのSEOキャンペーンで優秀賞:2011年08月09日

フィルム・アルバムのデジタル保管奮闘の記録は
スキャナー、フィルムスキャナー、SDカードなど関連機器一式の紹介記事を書き加えて、
ふるさとの思い出のデジタル保管のシリーズとしました。

ふるさとの思い出のデジタル保管のシリーズの中から応募した、Kenko(ケンコー)フィルムスキャナー KFS-900。

購入商品の記事を書く楽天アフィリエイトのSEOキャンペーン。
優秀サイトとして紹介された為、ボーナスポイントが貰えました。


 

3-38dvd

長い間撮り続けた同じ風景
変化があるようで無い、それでも確実に変わってゆく。
毎年一回の定点観測写真、ひとそれぞれの記念日。


伊勢丹写真館の家族写真:2011年10月17日

見えていても、本当は見ていない。
有るとき、波長が合ったのか、こんなものがこんな所に有ったのだ、と気付く。
という経験は多いのではないかな。

たまに買い物に行った時に通る伊勢丹写真館。
写真がずらっと並んでいる。
ちょっと気になって、側に寄って見る。

やっぱり。
これすごい。

昭和20年から一年毎に撮っている家族写真がそこにあった。
毎年一回の定点観測。
新婚の二人から始まって、子供たちが誕生し(私たち団塊世代のはしり)、子供たちが結婚し孫ができる。
平成の時代になると孫たちが結婚し曾孫ができる。
そして曾孫たちが大きくなって、そこで家族写真は途切れていた。

生きていることって、すばらしい 感動を与えて貰える写真だった。